投資顧問会社に依頼|ジャパンストックトレードで初心者も安心

男女

簡単に開設ができる

貯金箱

海外FXで投資を始める場合、口座開設のために各種書類が必要となります。銀行口座を開設する際にも、本人である証明書の提示を求められるものです。海外FXを行なう際にも、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの情報をコピーした必要書類の提出を求められるのです。提出する必要書類の種類は、海外FX会社によって違っています。海外FX会社が運営しているホームページを参考とすることで、提出するべき書類がどれかを確認することができるでしょう。通常の海外FX会社であれば、郵送での提出のほか、窓口へ直接用意した書類を届けなければなりませんが、会社の中には書類データのメールで届けるだけで口座開設を行なってくれる会社もあります。家の中にいながら口座開設ができるので、非常に便利なのです。すぐに海外FXを行ないたいとするならば、必要書類の提出が簡単にできる会社を選びましょう。

運転免許証やパスポートは、本人確認書類として海外FXから提出を確実に求められるものです。しかし、提出する必要書類はこれだけではなく、住所証明書類などの提出も求められるのです。住所証明書類は、住民票のほか、電気、水道料金の明細書なども含まれます。クレジットカードの利用明細なども求められるので、必要書類を集めるだけでも苦労するでしょう。審査を慎重に行なう海外FX会社は、口座開設を行なう人の素性を調べるために、さまざまな住所証明書類の提出を求めます。しかし、利用する人からすれば用意する書類が多く、クレジットカードの明細などあまり見られたくない情報まで開示するということに抵抗を覚える人もいるでしょう。そういった人のおすすめできるのが、住所証明書類不要の海外FX会社です。必要書類を集める手間が省けるほか、審査における時間も短いので、手軽に口座開設ができるでしょう。